ダモさんの本

読み応えがありそうなダモさんの本が3月28日にリリースされます。
生い立ちや、CAN、ダモズネットワーク、今のことなど色々な方々の証言も交えて詳細に書かれています。

 

I AM DAMO SUZUKI / Damo Suzuki and Paul Woods 著

 

洋書を取り扱うお店なら日本国内でも購入可能かもしれません。

ダモさんと共著のポール氏とロンドンのラフトレード(イーストの方だと思います)でレコ発ならぬ本発を行なって、ノッティンガムとブリストルも回ると聞いています。

この本には僕も文を書かせてもらっています。
僕の周りだと河端一さんやドミニク・フォン・センガー氏(ex:ドンケルツィファー)も文を寄せています。
本の中ほどにあるカラー写真の1つにドイツで行なったライブ写真に僕も少し写ってました。
(愛用のフライングVをハードケースで持って行って重かったなぁー、あの時は)

広告

The Future Stone

以前の日記でイギリスのミシェル・ハイウェイ監督が制作中のダモさんのドキュメンタリー映画に触れたが、全く別の制作陣でダモさんが俳優(?)として主演する「フュチャーストーン」というミステリー映画も制作に入るらしい。
この映画の制作陣であるイギリスの若者達がクラウドファンディングを募っているのでこちらにて紹介しておきます。

The Future Stone – A Feature Starring Damo Suzuki
https://igg.me/at/the-future-stone/x

A DOCUMENTARY ABOUT DAMO SUZUKI

2年ほど前、ドイツのダモさんをお見舞いに行った際、英国のフィルムディレクターのミッシェルさんもカメラを持参しそこに来た。彼女はダモさんが癌になってからの生き様のドキュメンタリーを制作していた。その際自分もインタビューを受けた。ダモさんは僕の人間としての師匠だ。人間のなんたるかを自分はダモさんから教えてもらった。ミッシェル監督はリサーチ、撮影を重ね、この度ようやく映画の公開の目処が立ってきたようだ。しかし、メジャーの手を借りず、DIYで良質なものを製作するにはお金がかかる。そこで映画公開にこぎつけるためクラウドファンディングを募っているようだ。興味のある方は上のダモさんの写真のところから参加してください。