Archive | 4月 2018

It is a part of the ocean

広告

からたちの花

今年の正月は先の日記で触れた同級生A君と1日ぶらりと散歩した。
途中、蘆花恒春園内にある作家・徳冨蘆花の旧宅内に入った。
廊下は板張りで隙間があり地面も少し見える。
そのせいか旧宅内には沢山の火鉢が置いてあった。
これだけの火鉢があっても冬はさぞかし寒かったろうなぁとA君と話す。
記念館の方に移動すると徳冨蘆花のSP盤コレクションの一部が聴けた。
たまに近所の人達を集めて蓄音機をまわし、皆でそれを聴いたらしい。
落語や浪曲の中に混じって「からたちの花」(歌:藤原義江 作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰 伴奏:山田耕筰)という曲があって、これを聴いたら感動のあまり身動きできなくなってしまった。子供の頃はあまりピンとこなかったが昔の唱歌や童謡は歌詞も旋律も深く素晴らしい。
曲が終わってA君と自分は少しの間無言になり、ちょっとしてからどちらともなく「いい曲だなぁ」「うん」と言った。