Archive | 8月 2015

9月5日

noberock_2
滝沢牧場_2
noberock_4
noberock_5
noberock_3
野辺山宇宙電波観測所
滝沢牧場
noberock_1

今週末は長野県野辺山で行われるNOBEROCK 2015へ向かう。
去年参加した際には標高1300mの高原の会場、ダーンと対面にそびえる八ヶ岳、非常に爽やかな空気、美味い野菜や料理、動物や鳥の声、夜空の星、木々、滝沢牧場、国立天文台野辺山宇宙電波観測所やなどなどに感動。東京からもそんなに遠くないので是非足を運んでもらいたい。
NOBEROCK 2015 公式サイト

当時、自分は久々にトリオ編成で演奏。
リズムセクションのEno&Nabeと演るのは数年前のRed Bull Music Academy以来。

広告

新宿

先の日記で触れた西新宿では「思い出横丁」(自分的にはしょんべん横丁)も懐かしくて通った。東口のアルタ方面へ抜けるトンネルの真ん中に座っていた傷痍軍人も居ないし、1983,4年当時にPILやモーターヘッドの缶バッチを度々買った出店はUNIQLOの入った背の高いビルに様変わり。よく着ていた合皮のライダースを買ったお店も勿論無い。それより以前、小学生の頃父親に連れて来てもらった鰻屋も無い。(そこで蒲焼きに目覚めてから自分の食い道楽のキッカケになったと感じている)
それでも何か懐かしい。

エンドレス・サマー

涼しいのを通り越して寒さで目が覚めた。
しかし、外出するとだんだん蒸し暑く感じる。
湿っぽい天候のせいか。

一昨年、度々一緒に演奏する機会があった鈴木モモさんがメンバーでもあるストリングラフィ・アンサンブルの公演に新宿へ出かける。
ストリングラフィ
ストリングラフィというのは作曲家・水嶋一江さんによって考案されたオリジナル楽器とその演奏スタイルの総称で、張りめぐらされ、さらに調弦された長い絹糸を手で擦ったり、はじいたりして演奏し、その音は糸に付いている紙コップがアンプとなりそこからアウトプットされる。その演奏スタイル自体がダンスの様だし、でも通常のダンスと違い、そのダンスの形がそのまま発音されるメロディに完全直結されるので音楽がグラフィックに視覚で感じる。ありがちなコンピュターの類を使ったデジタルなものではなく、潔い完全アナログstyle。 アンプリファイア・スピーカーの紙コップから聴こえてくる音もどこか郷愁を誘う音色。 水嶋さんオリジナル曲は興味深かった。

終演後は徒歩で懐かしの新宿西口を散歩。
万世でパーコー麺を食し、中学生の頃に同級生とよく訪れたレコード店があった付近やその頃度々行っていた新宿ロフトの辺りを散歩。
万世 パーコー麺
その後、百人町まで歩き、コーヒーとケーキを求めカフェアリエを訪れ、しばし歓談。

帰りは人で溢れかえっている高円寺を通り今日が阿波踊りの日だったと知る。
いつも機材を見てもらっている高円寺の工房にギターを持っていこうかとも思っていたが、やはり今日は持って行かなくてよかった。

goodbye summer days

今日は涼しかったー、と、いうか何だったら寒いくらい。
夕方散歩に出たが歩いても汗もあまりかかない。
先日までの暑さはどこへ行った?
帰宅直前、近所の店で焼き鳥を焼いてもらい持ち帰り、帰宅後、アメリカから届いた初期ロニー・マックのエレキギターを聴きながら泡盛と共に食す。
これはこれで最高。
LONNIE MACK

8月

コスモス
8月は暑かった。勿論今も暑い。
へヴィなニュースも多かった。
でも毎年、終戦記念日を過ぎると大雨が降り幾分暑さもましになって、その後一雨ごとに秋へ近づくという印象がある。
秋は良い。食べ物は美味いし良く眠れる。夜が長くなる。
最近は散歩しているとコスモスが咲いているのをよく見かける。

NOBEROCK 2015

昨年に続きNOBEROCK2015にMANDOGが出演
”Eno”(bass)、”ナベ”(drums)が参加し約2年半ぶりになるトリオ・MANDOGで登場

NOBEROCK2015
公式サイト http://noberock.com/

2015 9.5 土曜 12:30 START

出演:

アノランベ

UMEZ

sky shine

タテタカコ

day and buffalo

MANDOG [with Eno(bass,moog)&Yasuyuki Watanabe(drums)]

Miccky & Whitetails

悠衣

 

*畑で丸かじりツアー(13:00~)
*テントエリア利用:500円(要予約)
*飲食ブース多数出店

注意点事項:開催場所は寒暖差ある標高1300mの高冷地です.昨年度のNOBEROCKでは夜中10℃以下まで冷え込みました。温かい服装をご用意の上,ご参加下さいませ。

問い合わせ noberock.fes@gmail.com

主催:NOBEROCK実行委員会(株式会社アグレス / トドロキデザイン / 青木農園 / 滝沢牧場)

Razooli Release Party @ KOENJI HIGH

RAZOOLI
razooli
razooli
razooli

DJ MURA
DJ MURA

liquidbiupil (Lighting)
liquidbiupil

MANDOG
Keiichi Miyashita a.k.a. Mandog

Akira (liquidbiupil) & MANDOG
Akira (liquidbiupil) and Mandog

Echoshock – Krautorock

今年春にGURU GURUのマニ・ノイマイヤー氏と自分のデュオでアルバム用のスタジオ録音を行った。
8月14日にドイツのmusiker.deから2枚組CDとしてリリースされる。
マニさんと知り合って一緒に演奏する様になってからもう10年以上。
今回初めて共同でアルバムを作ったがエンジニアを務めてくれた坂元さんをはじめ色々な方の協力のもと有機的で良質な作品が出来上がった。
今年10月にドイツでマニさんと自分のギグを行う。

“Echoshock – Krautorock”
Mani Neumeier & Keiichi Miyashita

Echoshock - Krautorock _1Echoshock - Krautorock_2

夜中に大きな雷が鳴り、ざっーと雨が降り、幾分暑さも和らいだ。
今夜は高円寺HIGHでRazooliのCD発売記念ライブに参加。

ひまわり_2

ひまわり_1

横浜

終電を調べていると横浜線が止まっているのを知り、朝まで南太田GLAXYに残る事にした。 結果大正解。打ち上げも楽しく、始発過ぎには電車も復旧しており、すんなり帰る事ができた。
無理して帰ろうとしても山下公園花火大会の夜、熱帯夜、電車は動かず駅は大混雑、相当ストレスを感じた上に結局帰宅する時間も始発過ぎで帰るそれとあまり変わらなかっただろう。
共演のみんなも各々個性が際立っていて刺激を受けたし、横浜の友人達にも会えた。演奏後の友人知人、初めて会う人との歓談、これは本当に楽しい。次回は8/8に高円寺HIGHでRAZOOLIの待望1stアルバム発売記念イベントへ。

Razooli 1st Album 「Razooli」Release Party

8/8(sat)@ KOENJI HIGH Razooli 1st Album 「Razooli」Release Party

8/8(sat)@ KOENJI HIGH
http://koenji-high.com

-LIVE-
Razooli
Republic of Animals
oaqk
MANDOG
BADU ERYKAH

-DJ-
mura
mama

-Lighting-
liquidbiupil

-FOOD-
green mango, Wraps Crepe

 

チケット予約は高円寺HIGH、またはe+(イープラス)

Space Synthesis Japan Tour 2015

“Nasca Car”中屋浩市と”Acid Mothers Temple”東洋之による”Space Synthesis”、”タケヤリシュンタ”が横浜初登場!

Space Synthesis Japan Tour 2015

8/4(火)@南太田Galaxy
http://www.yokohama-galaxy.com/

Space Synthesis (feat.宮下敬一 a.k.a.Mandog)
タケヤリシュンタ
comical sewing co-applique
国際オバケ連合
ケミカルロッカーズ

DJ : mura

Lighting : liquidbiupil

 

【Access】 住所:神奈川県横浜市南区南太田1-32-34横浜ファーストビルB1F 京浜急行「南太田」駅(横浜駅より各駅停車4駅目)より徒歩3分。 南太田駅を下車したら目の前の道路を左へ。 300m程進むと左手DONDON商店街入口があります。 商店街を入って100m程進んだ右手郵便局の地下です。 ブルーライン「吉野町」駅より徒歩5分。

昨日は夕方過ぎから妙な月が出ているなと思いしばらく眺めていた。
遠く離れるカンパリソーダのグラスの底と向き合っているような月との対話。
その後あの月はブルームーンという珍しい満月だったと知る、なるほど。

時折月が大きく見える時がある、まるでQUIET SUNのMAINSTREAMのジャケットのように。
昨日の月も大きく見えた。
でもこれは錯覚らしい。天文台で職員の方から教えてもらった。
5円玉を手に持って穴から覗くと分かるらしい。
大きな月も小さな月も全て5円玉の穴に収まるとのこと。