墓参

小学校の時の恩師が亡くなられて1年が経ち、同級生と共にお墓参りへ行ってきた。同級生に会うのも久しぶりで懐かしかった。不思議なもので何十年ぶりに会ったのに全然ブランクを感じないのが同級生というものなのか。先生のお墓は高台にあり、正面にはドーンと富士山がそびえていた。お墓には道と書かれていた。この道の意味は一生を通して辿ってきた道、肉体を抜けこれから魂となって進んでいく道、過去~未来、と自分は考えたが正確にはわからない。亡くなった先生から問題を出されてるようにも思った。
墓参

広告

Nov.19

健さんに続いてフランス映画社破産の記事を見たけれど、青春時代にゴダールやジャームッシュ、ヴェンダースなどを観てきて「これからも良い映画よろしく」と負債額3800万円ポン!と払ってくれる気概のある金持ちは居なかったのかね、この国には。
今の世の中、表立つシーンには映画も音楽もアートもロクな物無いから、これが答えなのかな。

サルガッソーハウス

快晴。午前中。散歩。気分が良い。
小川にメダカの群れをみた。

途中、見つけたこの建物。
ツタが絡まり過ぎている様に感じるのだが。
IMG_4250

Nov.13

20141113

沢山の保育園児を乗せた台車(?)を押す保母さんを見かけた。
いっぺんに沢山の子供を散歩させるには良い方法だが子供たちは窮屈ではないのか?
でも顔を見ると楽しそうにしてるのでそうでもないのかな。
たまにこの台車を見かけるが何とも顔が緩んでしまう。

BGM その2

先日BGMがモダンジャズに変わったスーパーを紹介したが、近所の別のスーパーに行ってみるとそこもBGMがジャズに変わっていた。

何故に? 最近のスーパーBGM界はジャズがブームなのか?

しかしこちらのお店は先のモダンジャズのスーパーと趣きが少しが違い、サッチモやビックス・バイダーベックの様なニューオリンズ風ばかり流している。 BGMでジャズを流すと売り上げが伸びるとか、そういう統計があるのだろうか。それともシンクロニシティなのだろうか。

不思議だ。