Archive | 2月 2014

Mani Neumeier(guru guru) and MANDOG

3月5日(水曜)@西荻窪 Kick Ass

Opening Act : ROOM OF SABOY

 

広告

オリンピック

オリンピック、割とよく見ている。
日本勢メダル獲得の瞬間も度々見ている。

疾走感に快感を感じるのでまさに今(真夜中)放映されているボブスレーとか好きなんだが素人の自分には?な事がある。
ガッチリ整備され決まった氷のコースを乗り物で突っ走る技量の差ってのがイマイチ分かりづらい。あと出来ればより競技へのめり込める為に車載カメラの搭載を希望したい。そう、ボブスレーの疾走感も凄いが数日前に行われてたスケルトンという単身ソリに乗って突っ走る競技凄かった。あれ見たらボブスレーが少しトロく感じられるほど速かった。仰向けの生身がカッ飛んで行くスケルトン競技の様は子供の頃観た映画「カタストロフ」でのカーレース事故シーンを思い出してしまった。

と書いてたらクールランニング、ジャマイカが出てきたのでテレビに集中するとしよう。

Feb.16

moon
大雪が去り表に出ると月が輝いていた、この写真の100倍くらいに。雪のせいでリバーヴ感が消え、外にいるのに録音スタジオにこもってるみたいで妙な感じ。

思考

思考は次から次へと展開して行ってしまう。
時にひらめきをもたらせてくれたりもするけれど大体は余計な事、雑念だ。そんな思考を一時停止する技として禅や瞑想などが生まれたと思うのだが、もぐら叩きのごとく現れる思考を一時停止させるのは非常に難しい。思うにこれは太古に人間の脳に備わったものかも知れない。
大自然で外敵から身を守るためには次から次へと思考する必要があっただろうから。

今朝方、自分にこういう思考展開があった。

「おいしい」→「食いしん坊万歳」→「DEVO」→
「昔の洋楽の邦題」→「いつの間にか消滅」

起床後、
アップロードされた甥っ子(2歳半)の動画を見てみると先日会った時より喋る様になっていた。ちょっとした会話までしている。
おいしい!と昨日ドカ降りした雪を美味そうに食べる甥っ子の動画を見て、よっぽど食いしん坊に違いないと思った。

食いしん坊………万歳

DEVOの邦題を思い出してしまった。

以前洋楽は原題と違う突拍子もない邦題が
付いている事が度々あった。

シンディ・ローパー「ハイスクールはダンステリア」
原題:Girls Just Want to Have Fun
この邦題を知ったシンディが激怒しクレームをつけたらしい

スターシップ「シスコはロックシティ」
原題:We Built This City
後に彼らがあのジェファーソンエアプレインだと知り驚き、この邦題にも納得?できた

フランク・ザッパ「ハエハエカカカザッパッパ」
原題:The Man From Utopia
邦題はキンチョールのCMをもじった

等々。

以前、自分もCD「液体の夢」を出した時、
これら邦題のパロディをやりたくて英語タイトルと別に素っ頓狂な邦題を付けた事があった。独自解釈邦題時代へのオマージュというか…

90秒位の間に上記の事を思いめぐらしたので1日24時間の雑念といったら膨大な量だ。
ただ人間は忘れるという特技も持ち合わせているので頭がパンクしないで済んでいる。